NHKのポスターなどを使い大河ドラマを全面的にPRする「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」(京都府亀岡市追分町)

NHKのポスターなどを使い大河ドラマを全面的にPRする「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」(京都府亀岡市追分町)

 京都府亀岡市はこのほど、NHKエンタープライズ(東京都)に対し、大河ドラマ関連施設についての緊急要望を提出した。新型コロナウイルスの影響で「麒麟(きりん)がくる 京都大河ドラマ館」(亀岡市追分町)の収入が大幅に落ち込む見通しとなったことを踏まえ、展示替えの契約変更や賃借料減額、展示期間の延長などを求めた。

 亀岡市はドラマ館の運営で年間50万人、収入2億円の目標を立て、開業した1月11日から5月末までで10万人の来館を想定していた。しかし、3月以降、団体客のキャンセルが相次ぎ、4月11日から5月24日まで休館。これまでの来館者数は約3万人で、想定を大幅に下回っている。緊急事態宣言は解除されたが新型コロナウイルスの第2波への懸念が残り、今後のV字回復も見通せない。
 展示設営はNHKエンタープライズに委託しているが、今後のドラマの展開に合わせた展示替えは入場料収入が原資となる契約のため、変更を余儀なくされている。
 また、撮影に用いた衣装や甲冑(かっちゅう)、小道具など約30点のほか、シアタールームで上映する映像作品などの賃借料も年間2千万円に上っている。
 このため市は、同じく同社から衣装などを借りて企画展などを実施している福知山市と大津市とともに、休館期間に相当する賃借料の減額や、展示替えの契約変更を求めた。
 また、ドラマは6月7日で放送休止となる。このため、当初予定通りの44話の放送とともに、ドラマが越年して完結する場合は「来年1月11日まで」となっているドラマ館などの契約期間の延長も協議するよう要請した。
 NHKエンタープライズは「要望に対する回答は、3市に対し直接伝える」としている。