亀岡市役所

亀岡市役所

 京都府亀岡市は27日、新型コロナウイルスの緊急対策として国が1人10万円を配る特別定額給付金について、オンラインでの申請を5月末でいったん休止する、と発表した。世帯主以外の申請や誤入力など不備が相次いで見つかっているためで、当面は郵送による受け付けに一本化する。

 市によると、オンラインでの受け付けを開始した5月1日から26日までに1705件の申請があったが、そのうち約3割は複数回の申請など内容に不備があり、職員が修正や確認の作業に追われているという。
 25日からはオンラインでの申請分を除いた約3万8千世帯に郵送用の書類が届きだした。今後、多くの世帯が利用する郵送申請の給付にも遅れが出かねないとして、オンラインでの受け付けを一時休止すると決めた。再開時期は未定。
 周知期間とするため、月末まではシステムが使える状態だが、市特別定額給付金実施本部は「受け付けを一本化して確実に給付するため、なるべく郵送書類を使って出していただきたい」と呼び掛けている。