京都府の福知山市役所

京都府の福知山市役所

 京都府福知山市は17日、複数の女性職員にセクハラ行為を繰り返したとして、農林業振興課の男性課長補佐(48)を停職1カ月の懲戒処分にした。

 市によると、2016年から今月にかけて、女性職員5人に対し、庁内で通りすがりに頭に触れたり、食事の誘いや「好き」といった内容のメールをしつこく送るなどのセクハラ行為を繰り返したという。

 昨年12月、全職員が仕事内容や異動希望などを書いて提出する自己申告書で、被害女性らがセクハラを訴えて発覚した。市の調査に対し男性課長補佐は行為を認め、「セクハラのつもりはなかった。相手が不快に感じていたなら申し訳ない」と話しているという。

 セクハラ行為による職員の懲戒処分は同市で初めて。大橋一夫市長は「深くおわび申し上げる。市民の信頼回復に全力で取り組んでいきたい」とするコメントを出した。