京都新光悦村を通る新路線を走るぐるりんバス(南丹市園部町瓜生野)

京都新光悦村を通る新路線を走るぐるりんバス(南丹市園部町瓜生野)

 京都府南丹市は園部町を循環する「ぐるりんバス」に、同町の工業団地「京都新光悦村」とJR園部駅を結ぶ新路線「新光悦村線」を今月、開設した。商業施設前などの五つのバス停を新設。通勤通学や買い物の利便性の向上が狙いで、市は利用を呼び掛けている。

 ぐるりんバスは市が民間のバス会社に運行を委託しており、新光悦村線を含めて4路線になった。

 新路線はJR園部駅西口から、企業立地が進む京都新光悦村(瓜生野)を経由して曽我谷を結ぶ11キロを基本に、光悦村への直行や商業施設前経由など4系統をつくった。新設バス停は同村に2カ所のほか、道の駅京都新光悦村(曽我谷)、福祉施設の「長生園前」(上木崎町)、スーパーや薬局が立ち並ぶ「上木崎町東」。

 平日は園部駅発が10便、同駅行きが8便で土日祝は減便する。運賃は全区間大人150円。年間1万2千人の目標を掲げるが、初日の1日の利用者数は28人と少なかった。

 市地域振興課は「公共交通の維持には多くの利用が必要。立地企業に周知を図る。便利になったのでぜひ使ってほしい」としている。