開花し始めたハナショウブ(京都府長岡京市天神2丁目・八条ケ池)

開花し始めたハナショウブ(京都府長岡京市天神2丁目・八条ケ池)

 京都府長岡京市天神2丁目の八条ケ池で、夏の訪れを告げるハナショウブが咲きだしている。開花は例年に比べ1週間ほど早く、散策などに訪れた市民らが愛らしい花に見入っている。

 ハナショウブはアヤメ科の多年草。同池には約650株が栽培されている。市商工観光課は「(5月)25日から咲きだした。6月初旬が見頃となりそう」という。
 池の中堤南西角のハナショウブが真っ先に咲きだした。薄紫や白、青の数十輪の花を開かせ、たくさんのつぼみも見える。西池は数輪が開花している。池を訪れた女性は子どもに「お花がきれいに咲いているね」と話し掛けていた。