伏見署への移送のため、青葉容疑者を乗せた介護車両(27日、京都市内の病院)

伏見署への移送のため、青葉容疑者を乗せた介護車両(27日、京都市内の病院)

 京都アニメーション放火殺人事件で逮捕された青葉真司容疑者の弁護人が28日、10日間の勾留決定を不服として、勾留を認めた京都地裁に準抗告を申し立てた。

 京都弁護士会所属の弁護士がこの日、弁護人に選任された。弁護人は申し立てた理由について「勾留の理由、必要性がない」とコメントを出した。29日に地裁が判断するとみられ、認められれば青葉容疑者は釈放される。

 刑事訴訟法では、勾留の要件として、証拠の隠滅や逃亡の疑いなどがある場合と定められている。府警によると、青葉容疑者は自力歩行はできず、食事や排せつの際は介助が必要な状態という。