滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場で2月4日から実施される日米共同訓練について、滋賀県の三日月大造知事は17日、「地域住民の不安に配慮し、丁寧な説明を」とするコメントを出した。昨年11月の陸自砲弾誤射を踏まえ、再発防止策の徹底と迅速な情報連絡を求めた。

 同市の福井正明市長も同日、「政府の責任において安全管理に万全の措置が講じられることが絶対条件で、防衛省など関係機関に要請したい」とする談話を出した。

 近畿中部防衛局は、20日午後7時から高島市観光物産プラザ(同市新旭町旭1丁目)で市民を対象に説明会を開く。