「おうちde寂聴展」のウェブページ

「おうちde寂聴展」のウェブページ

 5月15日に98歳を迎えた作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの言葉や法話を紹介するウェブページ「瀬戸内寂聴―言葉でたどる98年―おうちde寂聴展」が開設された。瀬戸内さんは「自分の命は、自分一人のものだけではないということを自覚して、大切にしていきましょう」と言葉を寄せている。

 戦争や大切な人との別れなどさまざまなことを経験し、数え年で「白寿」となった瀬戸内さんの言葉を、コロナ禍で生きるヒントにしてもらうのが狙い。公演企画などを手掛けるエニー(本社・東京)が2017年から全国巡回した展覧会の展示内容をまとめた。

 「今、あなたに贈る言葉」、瀬戸内さんによる書「祈りの一文字」などのコーナーで構成。メッセージとして「いいことばかりが永遠に続かないように、悪いことも続きません」「人は人を思いやることで心に潤いが生まれます」といった言葉が並ぶ。画像をダウンロードしてなぞる「写経体験」や、寂庵での法話動画もある。

 無料。6月30日まで。ウェブページ「おうちde寂聴展」。