彦根市役所

彦根市役所

 彦根市は3日、高齢の生活保護受給者に配布するインフルエンザ予防接種の無料票を、対象外の51人に誤って送付したと発表した。

 市健康推進課によると、65歳以上または60~64歳の身体障害者1級相当の生活保護受給者に対し、予防接種料金(約4600円)の無料票を毎年配っている。担当職員が9月30日、本来対象の331人に加え、60~64歳の生活保護受給者にも誤って郵送していた。

 誤送付は10月2日、市民からの問い合わせで発覚した。市は3日から対象者宅を訪問して謝罪し、回収している。