滋賀県警大津北署は18日、大津市の小学校講師の女性(62)が弁護士らをかたる男から現金1800万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。

 同署によると、昨年11月1日に「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」と書かれたはがきが自宅に届いた。連絡先に電話をすると、対応した男や弁護士を名乗る男から「取り下げには200万円が必要」「裁判所から支払い命令が再び出た」などと言われ、女性は12月6日までに計4回、現金を指定された場所に宅配便で送ったという。