米国で見つかった隕石から作られた「隕星剣」(京都市伏見区・市青少年科学センター)

米国で見つかった隕石から作られた「隕星剣」(京都市伏見区・市青少年科学センター)

 地球に落ちた隕石(いんせき)から作った刀剣や実物の隕石を紹介する特別展示「いん石と星の刀」が、京都市青少年科学センター(伏見区)で開かれている。流星群が多く見られるこれからの時期に向け、隕石についての理解を深めることができる。12月12日まで。

 14日から始まったプラネタリウム番組「Shooting Star-流れ星に願いを-」に合わせて初めて企画した。

 1891年に米国のアリゾナ砂漠で発見された「キャニオン・ディアブロ隕石」の鉄隕石(隕鉄)を用い、星の村天文台(福島県)の大野裕明台長が刀工の藤安将平さんに依頼して製作した「隕星剣」を初めて展示。

 隕石の分類や落ちてくる仕組みなどを説明したパネルのほか、直接触れたり持ったりできるコーナーも設けた。

 同センターの本部勲夫学芸員は「いろんな情報が詰まっている隕石を通して、宇宙に興味を持ってもらいたい」と話す。

 日本で初めて隕鉄を用いた刀で明治期に榎本武揚が刀工岡吉国宗に作らせた「流星刀」(富山市科学博物館所蔵)も、11月2日~28日に展示する。

 木曜休館。入場料が必要。問い合わせは同センター075(642)1601。