英ロンドンで、マスクを着けた市民=29日(ロイター=共同)

 英ロンドンで、マスクを着けた市民=29日(ロイター=共同)

 ベルギー・ブリュッセルの観光名所サンカントネール公園=3月27日(共同)

 ベルギー・ブリュッセルの観光名所サンカントネール公園=3月27日(共同)

 【ブリュッセル、ロンドン共同】英国やベルギー、オランダなど西欧各国は今春、観測史上最も日照に恵まれた。各国メディアが伝えた。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人々は外出を制限されて陽光を楽しむこともままならず、「ばかばかしいほどよく晴れた」(オランダ気象当局者)皮肉な春となった。

 英国では、1929年の観測開始以来、3~5月の日照時間の最高記録は555・3時間(48年)だったが、気象当局によると、今年は27日時点で573時間を超え、記録を更新した。

 ベルギー・ブリュッセルの王立気象研究所では同期間の日照が670時間だったと発表した。