「幻の甲子園」と呼ばれる1942年の開会式。軍服らしい服装の関係者が並び、スタンドは満員だった(甲子園球場)

「幻の甲子園」と呼ばれる1942年の開会式。軍服らしい服装の関係者が並び、スタンドは満員だった(甲子園球場)

戦時中、平安中の野球部員だった原田さん。1941年夏の甲子園中止も経験した(京都市中京区)

戦時中、平安中の野球部員だった原田さん。1941年夏の甲子園中止も経験した(京都市中京区)

 今夏に開催予定だった第102回全国高校野球選手権は新型コロナウイルスの影響で、戦時中の1941(昭和16)年以来となる中止に追い込まれた。同年は地方大会まで実施され京都は平安中(現龍谷大平安高)が優勝したが、甲子園大会は開かれなかった。平安中のメンバーだった原田清さん(93)=京都市中京区=は「戦争とコロナでは全く違う理由だが、日本中で大変なことになっているのは同じ。コロナが憎いね」と、約80年前と同じように甲子園という目標を失った高校球児たちに思いを寄せる。

 平安中は同年の京都大会決勝で京都一商(現西京高)を下して優勝。だが、戦局が深刻化し全国広域での移動が制限されたため、甲子園大会は実施されなかった。捕手だった原田さんは「下級生で控え選手だったと思う。あの頃はまだ野球はできていた」と振り返る。

 次第に戦局が悪化し、43年頃には練習もできなくなった。「戦争一色で軍需工場に毎日通って鉄砲の弾を作っていた」。平安中で最後の夏となった43年は地方大会も開かれず、翌44年春に卒業。予科練生として全国に駐屯し「1、2年上の先輩は特攻隊でたくさん死んだ。ええ選手が多かった。もっと野球したかったやろな…」と記憶をたどる。

 夏の大会は45年まで中止が続いたが、42年夏に国民の戦意高揚のために甲子園球場で「錬成大会」が開かれている。平安中も出場し、正捕手の原田さんやエース富樫淳さん(故人)の活躍で準優勝。この大会は文部省(現文部科学省)主催という異例の形だったため日本高野連の記録としては残らない「幻の甲子園」とも呼ばれる。

 戦争に大きく影響された野球人生を歩んだ原田さんは「今はこんな平和な時代なのに試合もできないとは、選手はどれほど悔しいだろう」と後輩に当たる高校球児を思いやる。「満員の甲子園でプレーしたことが幻と言われると今も悔しい。でも今の選手の気持ちを思うと、甲子園で野球ができた私の方がまだ良かったと思わないといけないね」と複雑な胸中を語った。

≪全国高校野球選手権の中止≫

 全国中等学校優勝大会として開催されていた1918年、地方大会後に米騒動が全国に広がり第4回大会が中止になった。41年の第27回大会は戦局悪化のため鉄道による広域の移動が制限されたことで地方大会途中で中止。7~10月にかけて代替大会が開かれ、リーグ戦を行った地域もあった。終戦の45年まで中断し、46年夏の第28回大会で復活した。