大阪府警は26日、大阪市中央区の商業施設のエスカレーターで、女子大学生(19)のワンピース型トレーナーの下にスマートフォンを差し入れたとして、府迷惑防止条例違反(卑わいな言動)の疑いで、府警薬物対策課巡査長の男(33)=堺市北区=を現行犯逮捕した。

 府警によると、容疑を否認している。盗撮しようとした疑いもあるとみて調べる。

 逮捕容疑は26日午後6時50分ごろ、商業施設のエスカレーターで、大学生の背後からスマホを差し入れた疑い。

 エスカレーター付近の側壁が鏡になっており、男に気付いた大学生が「盗撮しましたよね」と声を掛けると、男は外へ逃走。通り掛かった20代の男性が取り押さえた。