小平(右)と高木美の後ろでピースサインをするテルモルス=14日、江陵

小平(右)と高木美の後ろでピースサインをするテルモルス=14日、江陵

唇をとがらせるテルモルス=14日、江陵

唇をとがらせるテルモルス=14日、江陵

 小平奈緒と高木美帆がメダルを獲得した14日のスピードスケート女子1000メートル。日本のメディアはこぞって2人のツーショットを撮影しようと奮闘していた。

 レース後、2人がリンクを1周する。隣のカメラマンが「2人(の距離)が遠すぎる」とつぶやいた。表彰台に上がると、今度は「間に金メダリストが入る」。小平は銀、高木美は銅だから当たり前なのだが。

 表彰台を降りて、カメラマンの前にメダリストが並んだ。日本人のツーショットを撮れるように選手に声をかけると、金メダルを取ったオランダのヨリン・テルモルスが唇をとがらせてしまった。

 「申し訳ないな」と思いながら撮影していると、テルモルスが小平と高木美の後ろにひょっこり現れ、ピースサインを見せた。おちゃめな金メダリストの姿に、カメラマンの間から笑い声が上がった。