フェースシールドとマスクを着けて担任の話を聞く生徒たち(1日午前、京都市西京区・京都成章高)

フェースシールドとマスクを着けて担任の話を聞く生徒たち(1日午前、京都市西京区・京都成章高)

 新型コロナウイルスの感染対策で京都成章高(京都市西京区)は8日の学校再開を前に、全校生徒約1600人と全教職員にフェースシールドの配布を始めた。熱中症予防も兼ねており、1年生が登校した1日、15クラスの約540人に渡された。

 フェースシールドは市販のプラスチック製で、環状のバンドで着ける。校内ではマスク着用が基本だが、昼食時やマスクだと熱中症の危険がある場合に利用する。予備を含め約4千個を準備した。

 受け取った生徒はホームルームで早速装着。1年生の男子生徒(16)は「着け心地は思ったより軽く、少し視界が曇るくらい」と感想を語った。吉竹浩克校長は「昼食時に友達と向かい合わないのは難しく、換気によってエアコンが効かない時もある。専門家の見解を踏まえながら使いたい」と話した。