京都府警右京署

京都府警右京署

 国が新型コロナウイルス対策として全国民に一律10万円を配る「特別定額給付金」をだまし取ろうとしたとして、京都府警組対2課と右京署は1日、詐欺未遂などの疑いで、京都市右京区梅津南広町、無職男(38)と交際相手の同区の無職女(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し、5月1~16日、女の親族2人から委任状を受けたように書類を偽造し、親族の住所を滋賀県栗東市から京都市に勝手に移した上で、同居人と偽って親族分の給付金20万円を栗東市に申請し、だまし取ろうとした疑い。

 府警によると、女の言動などを不審に感じた別の親族から相談を受けた府警が栗東市に連絡し、実際には給付金は支給されなかった。男は「私には関係ない」と否認し、女は「一緒にやったことは間違いない」と容疑を認めているという。

 給付金は、4月27日時点で住んでいる自治体に申請することになっている。