大津市役所

大津市役所

 大津市保健所は1日、市内の民間保育施設で給食を食べた1~2歳の男女の園児15人が、全身のかゆみや顔の発疹などを訴え、食材のサバからアレルギー症状の原因物質ヒスタミンを検出したと発表した。食中毒と断定し、同日から2日間の給食提供禁止処分とした。園児らは全員軽症で回復しているという。

 同保健所によると、園児や職員計30人が5月29日昼、園内の調理施設で調理されたサバのカレー焼きなどを食べた。うち、園児9人はアレルギー症状で救急搬送された。同施設は5月30日から給食の提供を自粛している。