平成元年に出版された絵本や児童書などの特集展示(福知山市駅前町・市立図書館中央館)

平成元年に出版された絵本や児童書などの特集展示(福知山市駅前町・市立図書館中央館)

 平成最後の年にちなみ、京都府福知山市立図書館中央館(同市駅前町)は、平成元(1989)年に出版された絵本や児童書の特集展示を行っている。31年にわたって読み継がれてきた90冊が、親子らの目を引いている。

 同館1階の特設コーナーに、日替わりで約20冊ずつ展示し、貸し出しも行っている。「こんとあき」や「999ひきのきょうだい」、「ズッコケ三人組シリーズ」など、当時の子どもたちに大人気だったベストセラーが一堂に会している。

 浅田久子館長は「時代が変わっても、本が持つ魅力や感動は色あせない。ぜひ懐かしの名作を読み返してほしい」と話している。

 2月3日まで。月曜休館。