今季初の練習試合に臨む宮吉(右)らサンガの選手たち=東城陽グラウンド

今季初の練習試合に臨む宮吉(右)らサンガの選手たち=東城陽グラウンド

 J2京都サンガFCは19日、今季初の練習試合を東城陽グラウンドで行い、関西リーグ1部のおこしやす京都ACと対戦した。200人を超えるサポーターが見つめる中、若手を中心に新加入選手がゴールを奪い、存在をアピールした。

 試合は30分3本。いずれも4-3-3の布陣で臨み、別メニューで調整中の闘莉王と増川を除く全30選手が出場した。1本目は4年ぶりに復帰したFW宮吉らが先発。早大から加入の左DF冨田らが好機をつくり、関学大から加わったMF中野(京都橘高出)が「練習試合からアピールし続けないといけない」と2列目からの飛び出しで2得点。サンガU-18から今季昇格したFW服部もゴールを決め、3-1で終えた。

 2本目は守備の連係が乱れて1失点したが、J2大宮から移籍のGK加藤は「トライしてミスして改善していきたい」と前を向く。3本目はボランチ福岡のパスから同じU-18昇格組のMF上月が左サイドを突破してゴール。「どんどん下から突き上げていきたい」と意欲を燃やした。

 試合はトータル4-3でサンガが勝った。初采配の中田監督は「まずはチームとして安定した戦い方を構築しないといけない」と総括した。