マスクと300円分の食事券を手にする池田さん(南丹市八木町・レストランいけじゅう)

マスクと300円分の食事券を手にする池田さん(南丹市八木町・レストランいけじゅう)

 京都府南丹市八木町の老舗レストランが、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が全世帯に配る布マスクと引き替えに、300円分の食事券を渡す取り組みを始めた。集まったマスクは市に寄贈する。

 取り組みを行うのは、1937年創業の「レストラン いけじゅう」。布マスクは安倍晋三首相が唐突に発表したことから、「アベノマスク」ともやゆされている。サイズが小さい上に配布が遅く、不織布のマスクの販売が回復する今、「届いても使わない」との声も少なくない。
 オーナーシェフの池田勤さん(73)が「とんちんかんな政策でも、マスクを捨てるのはもったいなさ過ぎる。何かの形で活用したい」と一考。コロナの影響で4月の売り上げが普段の半分以下に落ち込む中、客足を戻す呼び水にもしたいと、食事券との交換を思いついた。
 一般的なマスクの価格相場を踏まえ、券は300円分にした。引き替えるのは原則、チラシが同封された未開封のものに限る。5月下旬までに2セットが持ち込まれた。一定数が集まった段階で寄付するという。
 池田さんは「マスクが届いても使わない人は多いと思う。持ち込んで食事をしてもらえればうれしい」と話す。木曜定休。営業は午前11時~午後2時半と午後5時~同9時半。