オンライン申請の振込予定日が確認できる一覧表の画面。15桁の受付番号がずらりと並ぶ

オンライン申請の振込予定日が確認できる一覧表の画面。15桁の受付番号がずらりと並ぶ

 新型コロナウイルスの緊急経済対策として国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」で、京都市は3日、オンライン申請について振込予定日の公表を始めた。ホームページで予定日ごとに、申請時の受付番号の一覧表を公開している。日によっては6千個以上の受付番号がずらっと並び、市は「市民の不安解消を最優先にした。見やすいように修正していきたい」としている。

 5月15日に始まったオンライン申請は、今月2日までに約2万2千件が寄せられている。振り込みは1日から始まったが、申請した市民から振込日を尋ねる問い合わせが相次いだため、受付番号の公表を始めた。
 一覧表は、ホームページの特別定額給付金ページから確認可能。「オンライン申請受付分の給付開始日」にある「振込(予定)件数」をクリックすると、15桁の受付番号が並んだ一覧表が表示される。現在は1~5日の振り込み分が掲載されており、以降は順次更新予定という。
 また、郵送で申請する書類の配達時期は、当初の予定を2日前倒した6~10日となる見通し。振り込みは申請日から10~15日後を予定している。オンライン申請に比べ記入項目が少ないため、市は郵送申請の利用を呼び掛けている。