男子シングルス準決勝 張本との熱戦を制し、ガッツポーズで喜ぶ大島(丸善インテックアリーナ大阪)

男子シングルス準決勝 張本との熱戦を制し、ガッツポーズで喜ぶ大島(丸善インテックアリーナ大阪)

 卓球の全日本選手権最終日が20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子シングルス決勝で、大島祐哉(木下グループ、東山高―早稲田大出、綾部市出身)が水谷隼(木下グループ)に2―4で敗れ、初優勝はならなかった。

 大島は準決勝で前回優勝の張本智和(エリートアカデミー)に4―3で競り勝ち、初めて決勝に進出した。