京都府警山科署

京都府警山科署

 生活保護費を不正受給したとして、京都府警山科署は4日、詐欺の疑いで、京都市山科区、無職の男(50)と同市東山区、アルバイトの男(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し、昨年12月~今年3月、アルバイトの男の土木作業の収入を市東山福祉事務所に申告せず、同市から4カ月分の生活保護費計42万7636円をだまし取った疑い。

 山科署によると、無職の男は金を貸していたアルバイトの男に不正受給を指示し、生活保護費を受け取っていたという。無職の男は「アドバイスはしたが強要はしていない」と容疑を否認し、アルバイトの男は容疑を認めているという。