転覆したクルーザーから救助された人たちに話を聞く警察官ら(7日午後4時4分、大津市・近江舞子中浜水泳場付近)

転覆したクルーザーから救助された人たちに話を聞く警察官ら(7日午後4時4分、大津市・近江舞子中浜水泳場付近)

 7日午後1時ごろ、大津市北小松沖の琵琶湖で、航行中の船から湖上に投げ出された女性から「乗っていたクルーザーが転覆した」と110番があった。滋賀県警の警備艇などが捜索し、約2時間後に野洲市吉川沖で転覆した船を発見、船外や船の近くにいた男女13人を救助した。全員、命に別条はないという。

 大津北署と大津市消防局によると、13人は船の所有者の会社員長坂昇道さん(41)ら男性10人と女性3人。いずれも大阪市此花区在住で、家族や会社関係のグループ。このうち長坂さんの妻直子さん(39)と、4~9歳の子ども3人の計4人が低体温症などで病院に搬送された。直子さんは入院し、子ども3人は軽症という。