京都府警本部

京都府警本部

 京都市伏見区の民家に空き巣に入り、現金約1500万円を盗んだとして、京都府警捜査3課と伏見署は21日までに、窃盗などの疑いで、住所不定、無職の男(40)ら男4人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。府警は同日中にも、共犯とみられる男(21)を逮捕する方針。

 捜査関係者によると、5人は共謀し、2017年5月中旬の昼ごろ、伏見区の高齢女性宅の玄関の引き戸を壊して侵入し、屋内に保管されていた現金約1500万円を盗んだ疑いが持たれている。

 府警は18年2月、女性宅付近の防犯カメラ映像などから、実行犯とみられる男1人を窃盗などの疑いで逮捕。その後の捜査で、男らが犯行に関与した疑いが強まったという。府警は、男が女性宅に多額の現金があることを知り、仲間に情報を伝えるなど犯行を主導したとみている。

 捜査関係者の説明では、男らは女性が昼食に出かけたすきに空き巣に入ったとみられ、下見を重ねるなど入念に計画を立てていた可能性があるという。