京都市国際交流協会(左京区)は13日、外国籍市民を対象に、1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」のオンライン説明会を開く。申請書が日本語でしか書かれていないためで、テレビ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、英語と中国語で説明する。

 同協会には給付金に関する質問が多く寄せられており、今回は各世帯に届いた申請書を基に、行政通訳相談員が各項目の記入方法や添付書類など申請に必要な情報を伝える。参加者の質問にも対応する。

 英語は午前10時~10時半、中国語は同11時~11時半。対象は外国籍の市民で、定員はそれぞれ30人(先着)。説明は同協会の窓口でも行うという。同協会ホームページからか、電話で申し込む。075(752)3511へ。