小西美加氏

小西美加氏

 京都文教短期大・京都文教大(京都府宇治市)が来春、京滋の大学で初となる女子の硬式野球部を創設し、総監督に元女子プロ野球選手で京都市上京区出身の小西美加氏(37)が就任することが、9日までに分かった。12日に会見を大学で開く予定。


 来年4月に発足し、短大と大学の両方の学生を受け入れる。小西氏は日本女子プロ野球リーグの京都フローラを昨季限りで退団。監督ら他のコーチ陣は未定だが、総監督として全体のまとめ役を担う。
 大学女子の硬式野球部は全国で9校目となる。近畿では大体大、桃山学院教育大(ともに大阪府)に次いで3校目。京都には高校の女子硬式野球部が全国最多の4校ある。京都文教大は男子軟式野球部が2017年の大学選手権で日本一に輝いた。
 小西氏は北嵯峨高、龍大短期大学部でソフトボール選手。卒業後、女子硬式野球チームの立ち上げに携わり、2010年、日本女子プロ野球リーグの発足と同時に入団した。投手と野手の両面で活躍し、MVPや最多勝などを獲得。昨季まで10年間在籍した。