火災のあった旭化成守山製造所(6月10日午後2時50分、滋賀県守山市)

火災のあった旭化成守山製造所(6月10日午後2時50分、滋賀県守山市)

 10日午後1時40分ごろ、滋賀県守山市小島町の旭化成守山製造所の工場で爆発があり、工場内にいた解体業の男性(42)=兵庫県姫路市=が約1時間20分後に死亡した。工場内には当時、約400人いたが全員避難し、他に負傷者はなかった。

 旭化成によると、同工場ではリチウムイオン電池のセパレートフィルムを製造。男性は老朽化した製造設備の撤去作業をしていた。爆発音を聞いた従業員らが倒れている男性を見つけ、119番したという。滋賀県警守山署は会社関係者から事情を聴き、詳しい原因や作業状況を調べている。
 湖南広域消防局によると、消防隊到着時に火や煙は出ておらず、壁などが約20平方メートル破損した。同工場の担当者は「製造設備に残留した危険物に引火して爆発が起きた可能性もある」と話した。
 現場は野洲川沿い。住宅街に近く、同署は付近の学校に対して迂(う)回路を利用するよう呼び掛けた。