<日曜日のごちそう 森下美津子>


【材料】(作りやすい量)

くず粉    40グラム
ほうじ茶    5グラム
きなこ
黒蜜


【作り方】

(1)ほうじ茶を入れる。300ミリリットルの熱湯にほうじ茶を入れ、冷めるまでそのままにしておく。
(2)(1)のほうじ茶240ミリリットル分を茶こしでこし、ボウルに入れる。
(3)(2)にくず粉を入れ、指先でよく溶かす。茶こしでこしながら、鍋に入れる。
(4)の鍋を中弱火にかけ、ゴムべらまたはしゃもじで練る。透明感が出てきてから2分程度を目安にしっかりと火を通す。早くまぜると大変ですので、ゆっくりと手を止めないでまぜるように。
(5)ざっと水でぬらした器に(4)の生地を広げ、平らにならす。ぴったりと生地に沿うようにラップをかけて冷ます。
(6)適当な大きさに切り分け、きなこや黒蜜をかけていただきます。


【ワンポイント】

 くず餅は冷蔵庫で冷やすと固くなってしまいます。常温で密閉して保存し、翌日までにいただきましょう。


◆森下美津子 もりした・みつこ 静岡県浜松市生まれ。インテリアデザインの仕事を経て料理家に転身。2003年から京都市内で、パンや料理の教室「日曜日のごちそう」を主宰、ジャムや焼き菓子制作も手掛ける。右京区在住。http://dimanche.cocotte.jp