海上自衛隊舞鶴地方総監部は22日、部下の隊員にパワハラ行為をしていたとして、護衛艦「あたご」機関科の30代の男性2等海曹を減給15分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 総監部によると、2等海曹は2017年8月~18年3月の間、30代の男性隊員に艦内で暴言を吐いたり、頭をたたいたりするなどした。2等海曹は「指導中に衝動的にやってしまった」と話しているという。あたごの大島信吾艦長は「再発防止に万全を尽くす」とコメントした。