京都府南丹市八木町の介護老人保健施設「シミズふないの里」で、22日までに入所者と職員計26人がインフルエンザに集団感染し、入所者の男性(83)が死亡したことが明らかになった。ほかの25人に重症者はおらず、回復に向かっているという。

 施設によると、インフルエンザの感染は12日から発生し、70~90代の入所者14人、20~50代の職員12人が感染した。死亡した男性は19日に容体が急変して同市の病院に搬送され、20日に亡くなったという。

 入所者や職員の計約250人は、昨年12月までにインフルエンザの予防接種を全員受けたという。

 シミズふないの里は「インフルエンザで利用者がお亡くなりになったのは残念で申し訳ない。これまで以上に感染防止対策をしていきたい」としている。