22日午前9時半ごろ、京都市下京区の近鉄京都駅で信号装置が故障し、京都-上鳥羽口間の上下線で運行を見合わせた。午後1時現在、両駅間の運行は再開しておらず、近鉄京都線の列車は上鳥羽口で折り返し運転をしている。

 近鉄によると、信号装置が赤から青に変わらず、列車が出発できなくなった。原因は調査中という。京都市営地下鉄などで振り替え輸送を実施した。このトラブルで京都-東寺間で停車していた列車の乗客約800人が、線路を歩いて京都駅に向かった。