パナソニックが共同住宅向けインターホンの一部製品について、架空の審査データを業界団体に届け出ていたことが12日、分かった。火災が発生した際に知らせる警報音の音圧を、実際には測定していないのに偽って報告していた。