美しい花を咲かせるササユリ(南丹市日吉町・あたご山野草苑)

美しい花を咲かせるササユリ(南丹市日吉町・あたご山野草苑)

 京都府南丹市日吉町の「あたご山野草苑」で、ササユリの開花時期に合わせて苑を公開する「ササユリ開花祭」が開かれている。まっすぐ伸びた茎から淡紅色の美しい花を咲かせている。

 ササユリは日本在来のユリ科の花。ササのような葉を持ち、芽が出てから花を付けるまで6~7年かかる。同苑では110株が植えられており、うち65株は自生という。

 2015年から近くに住む造園業久世和義さん(68)らが整備を進め、翌年に公開。間伐して日光を入れたところ、野草が自生し始めたという。この時期は他にヤマアジサイやホタルブクロも花を咲かせている。

 ササユリは今月末にかけて順次開花する。久世さんは「20日ごろに見頃を迎え、群生も少し見られそう。きれいな花を眺めて息抜きしてほしい」と話している。開花祭は28日まで。無料。