西脇知事(右)からマスクを受け取る京都府老人福祉施設協議会の荻野会長=京都市上京区・府庁

西脇知事(右)からマスクを受け取る京都府老人福祉施設協議会の荻野会長=京都市上京区・府庁

 京都府は新型コロナウイルス対策として府内の高齢者や障害者、障害児の社会福祉施設約5600カ所にマスク計150万枚を配布することを決めた。12日に京都市上京区の府庁で代表者に手渡した。

 マスクは感染拡大防止の一環として府が購入した。約146万枚は市町村を通じて各施設に配布し、残りは高齢者施設の関連団体などが緊急時のために保管する。
 府庁で西脇隆俊知事からマスクを受け取った府老人福祉施設協議会の荻野修一会長は「いまだに現場のスタッフは緊張感と不安がある。マスクは第2波の備えとしたい」と感謝していた。