米軍普天間飛行場の移設工事が再開され、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議の声を上げる人たち=12日午後、沖縄県名護市辺野古

 米軍普天間飛行場の移設工事が再開され、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議の声を上げる人たち=12日午後、沖縄県名護市辺野古

 政府が12日、新型コロナウイルスの影響で中断していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古で工事を再開し、沿岸部に土砂を投入した。菅義偉官房長官は記者会見で、7日の沖縄県議選から5日後の工事再開に関し「県議選は全く関係ない」と強調した。今後は、埋め立て海域で見つかった軟弱地盤を巡る県と政府の攻防が焦点となる。

 安倍晋三首相は、工事再開に関し「普天間基地の固定化は断じて避けなければならない」と移設の早期実現を目指す考えを表明。玉城デニー知事は「大変遺憾だ」と政府の対応に反発した。