<日曜日のごちそう 森下美津子>


【材料】(2人分)

麺(乾麺)    120グラム
鶏手羽肉    4~5本
ネギ    5センチ程度
ショウガ薄切り    3~4枚
酒    大さじ1
昆布    5センチ程度
ナンプラー    大さじ1
塩    少々
もやし    1/4袋
トマト    1/4個(2センチ角に切る)
アボカド    1/2個(薄切り)
三つ葉かパクチー    適量(長さ3~4センチに切る)
レモン、ライム等(くし形に切る)


【作り方】

(1)フォーの麺は水に30分漬け、ざるにあける。
(2)だしをとる。鍋に水4カップを入れ、ショウガ、ネギ、昆布、酒、鶏肉を入れ火にかける。沸騰したら10分ゆで、火を止めてそのまま冷ましておく。冷めたら手羽肉を取り出し、手で身をほぐしておく。スープをざるでこす。
(3)(2)のスープに味を付ける。ナンプラー、塩を入れ味を見る。モヤシ、トマトを加え一煮立ちしたら火を止める。
(4)麺をゆでる。沸騰した湯で1分30秒~2分。ざるにあけて水気を切り、器に盛る。
(5)麺の上に鶏肉を入れスープを注ぐ。アボカド、三つ葉またはパクチーをのせ、黒こしょうをひく。好みでレモンやライムを搾る。


【ワンポイント】

 鶏がらスープの素などを使い、簡単に作ってもよいかと思います。


◆森下美津子 もりした・みつこ 静岡県浜松市生まれ。インテリアデザインの仕事を経て料理家に転身。2003年から京都市内で、パンや料理の教室「日曜日のごちそう」を主宰、ジャムや焼き菓子制作も手掛ける。右京区在住。http://dimanche.cocotte.jp