宇宙と地上をケーブルで結び、物を運搬する-。SFを思わせる「宇宙エレベーター」実現への試みが進んでいる。科学者のほか大手ゼネコンなども参画する壮大な構想だ▼地球の自転と同じ周期で回り、天空の一点に止まっているようにみえる静止衛星と同じ考え方に立つ。重力で地球に引っ張られる力と、遠心力で外に飛び出そうとする力が釣り合っている静止衛星からケーブルを地球に垂らす▼そのままではケーブルの重さが重力に引かれて落下するので、反対側にもケーブルを伸ばしてバランスをとる。これを繰り返して地上に到達したケーブルに昇降機を設置するという。ケーブルは長さ約10万キロに及ぶ▼宇宙に関心を抱くのは科学者だけではない。トランプ米政権は先月、「宇宙軍」を創設した。偵察衛星などへの攻撃兵器を開発する中国やロシアを抑えようという野心の表れだ▼日本も来年度、宇宙空間を常時監視する「宇宙作戦隊」を自衛隊に新設する方針だ。安倍晋三首相は「航空宇宙自衛隊への進化も夢物語ではない」と踏み込んだ▼重力と遠心力の釣り合いが崩れれば、宇宙エレベーターは地球に落下するか宇宙のかなたに飛び去ってしまう。人間の野心も自制心とのバランスを欠けば、宇宙が軍拡競争の場と化すことを忘れるべきでない。