青紫色の羽に赤い斑点が特徴的なオオムラサキ(京都府福知山市)

青紫色の羽に赤い斑点が特徴的なオオムラサキ(京都府福知山市)

 京都府福知山市のチョウ愛好家大地洋次郎さん(79)の自宅で、オオムラサキの羽化が始まっている。青紫色の羽を広げ、優雅に美しく舞っている。

 オオムラサキは環境省の準絶滅危惧種に指定されている国蝶(ちょう)。羽を広げると10センチを超える大きさになる。
 大地さんは1993年からオオムラサキを飼育しており、今年は昨年より4日遅い今月10日に羽化が始まった。大地さんは「新型コロナウイルスで気分がふさがる中、心を癒やしてくれている」と笑顔を見せる。
 今年は7月上旬ごろまでに約100匹が羽化する見込みという。