京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は、18日夜のはじめごろから、京都府南部を中心に大雨になる恐れがあるとして、土砂災害や浸水、河川の増水に注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、東西に伸びる梅雨前線が西日本にかかり、19日にかけて前線上の低気圧が西日本を通過する。このため、前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、雨脚が強まると予想される。雨のピークは今夜から19日朝にかけてとみられ、大雨警報の可能性もあるという。

 予想される1時間降水量は、京都府全域で30ミリ。19日正午までの24時間降水量は南部で100ミリ、北部で80ミリで、前線が北寄りになるなどすれば、さらに雨量は増える可能性があるという。