新型コロナウイルスの流行第2波の到来を、下水の調査によっていち早く察知して効果的な対策につなげようと、日本水環境学会のメンバーが研究を進めている。

 ウイルスは、症状が出ない人や発症直前の人でも便などに排出されるという。下水を調べることで、発症した人を検査するより感染拡大の兆候を早めに捉えられる可能性がある。米国などでは流行が拡大する数日前の下水からウイルス遺伝子を検出したとの報告がある。

 学会タスクフォースの幹事長を務める本多了・金沢大准教授らのチームは石川、富山両県の下水処理場計4カ所で3月以降、継続的に下水を採取。感染者数が少ない時期の下水からもPCR検査でウイルス遺伝子を検出した。ただ、検出感度の検証にはさらにデータが必要だとしている。

 本多さんは「検査の準備として必要な下水の濃縮と検査のやり方は複数あり、どれが最適かを評価している。秋までに標準的な方法を確立し提案したい」と話す。