海上自衛隊舞鶴地方総監部

海上自衛隊舞鶴地方総監部

 海上自衛隊舞鶴地方総監部は18日、舞鶴航空基地の航空隊に所属する20代の男性海士長を、男性の立ち入りが禁止されている隊舎の女性居住区画に侵入したとして停職4カ月の懲戒処分にした、と発表した。

 総監部によると、ヘリコプターの整備維持管理を行う部隊に所属する海士長は2019年12月~今年1月、舞鶴市長浜の基地内にある隊舎の女性居住区間に計6回、無断で侵入した。海士長は「女性自衛官に見つかるかもしれないというスリルを味わいたかった」と話し、盗撮や窃盗の被害は確認されていないという。