京都地方気象台

京都地方気象台

 梅雨前線の影響で、近畿地方は中南部を中心に、19日朝にかけて雨が強まる予想になっており、各府県の地方気象台が土砂災害や浸水害、河川の増水に注意を呼び掛けている。雨量が多くなれば、大雨警報が発表される可能性もあるという。

 JR西日本は、大阪環状線などで19日早朝から間引き運転をする予定で、朝の通勤時間帯の交通機関に影響が出そうだ。

 関西2府4県で19日午後6時までに予想される雨量は、いずれも多いところで、

 和歌山 200ミリ

 奈良 150ミリ

 滋賀 南部120ミリ、北部100ミリ

 大阪 100ミリ

 京都 南部100ミリ、北部80ミリ

 兵庫 南部100ミリ、北部70ミリ

 また、19日にかけて予想される時間雨量は和歌山県で50ミリ、ほかの各府県で20~40ミリとなっている。