昨年の福知山マラソンで疾走するランナーたち。今年は中止が決まった(2019年11月)

昨年の福知山マラソンで疾走するランナーたち。今年は中止が決まった(2019年11月)

 京都府福知山市は18日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、11月23日に開催予定だった福知山マラソンを中止すると発表した。中止は水害の影響を受けた2004年と13年以来、3度目となる。

 市やスポーツ関連の団体などでつくる福知山マラソン組織委員会で決定した。市は「全国的な収束が見込めず、近隣国の状況などからも今後、感染拡大の第2波、第3波が懸念されている」と指摘。ランナーやボランティア、沿道の観衆などの安全確保が困難と説明した。
 同マラソンは三段池公園を発着点とするコースで行われ、29回目の昨年は全国から約9千人が参加した。市は「次回を第30回の記念大会と位置付け、より良い大会として開催したい」としている。
 また、福知山商工会議所などでつくる福知山お城まつり実行委員会は18日、延期としていた今年の同まつりを中止すると発表した。同商工会議所は8月の「福知山ドッコイセまつり」の中止も決めた。いずれも感染拡大防止のためとしている。