ブラックバスの身を使った(左から)辛みそ漬、薫製、かまぼこ=滋賀県長浜市元浜町・黒壁AMISU

ブラックバスの身を使った(左から)辛みそ漬、薫製、かまぼこ=滋賀県長浜市元浜町・黒壁AMISU

 琵琶湖の外来魚ブラックバスを使ったかまぼこなどの加工品を、滋賀県長浜市の観光スポット・黒壁スクエア(同市元浜町)を運営する第三セクター「黒壁」が開発した。2月から売り出す予定で「外来魚の駆除に貢献するとともに、食材としてのおいしさをアピールしたい」という。

 辛みそ漬け、薫製、かまぼこの3種類。辛みそ漬け(約80グラム、予定価格税込み900円)は、白みそと酒かすにキムチの調味料「ヤンニョム」を加えたみそ床に、ブラックバスの切り身を漬け込んだ。

 薫製(約60グラム、同880円)はブラックバス特有のにおいを抑え、しっとりとなめらかな食感という。かまぼこ(約200グラム、同840円)は、加熱したブラックバスのほぐし身に米粉を混ぜて仕上げた。

 2月下旬から、JR長浜駅近くの黒壁スクエア直営店「黒壁AMISU(あみす)」などで発売する予定。同社は、黒壁の「黒」とブラックバスの「ブラック」を掛けて新たな湖国の土産品としてPRしたいといい、営業部の鳥塚顕史次長(57)は「琵琶湖のブラックバスのイメージアップを図りたい」と話している。問い合わせは黒壁0749(65)2330。