今年一番の大雨で濁流となった鴨川(19日午前9時10分、京都市上京区)

今年一番の大雨で濁流となった鴨川(19日午前9時10分、京都市上京区)

 梅雨前線の影響で京都府と滋賀県は18日夜から19日にかけて大雨となり、24時間雨量は京都市や大津市などで今年最も多くなった。大阪管区気象台によると、京滋では土中の水分量が多くなっており、夕方までは土砂災害に注意が必要という。

 19日午前10時までの24時間雨量は、京都府京田辺市で111.5ミリ、長岡京市で99.5ミリ、京都市中京区で79.5ミリ。滋賀県甲賀市信楽で109.5ミリ、大津市で101.5ミリとなり、いずれも今年一番の大雨となった。甲賀市には、一時大雨警報が発表された。

 同気象台によると、夕方にかけて再び局地的に雨が降る可能性があり、土砂災害や洪水への注意が必要という。