【資料写真】南座(京都市東山区)

【資料写真】南座(京都市東山区)

 南座(京都市東山区)で8月1~26日に開催予定だった「坂東玉三郎 特別公演」の中止が決まった。松竹が19日発表した。「新型コロナウイルスの全国的な感染の収束が見通せない中、万全の状態で公演を実施することが困難と判断した」としている。南座の公演中止は3月以降、6カ月連続となる。

 8月公演では、玉三郎さんが今後演じないと言われていた「京鹿子娘道成寺」や「鷺娘」を、かつての舞台映像と組み合わせながら、玉三郎さん本人が実演で踊る特別な趣向として、注目を集めていた。