京都府庁

京都府庁

 京都府は24日、診療報酬関連の情報開示で、府内の女性の名前や診療内容などの個人情報を記した文書を府内の女性に誤送付したと発表した。女性からの問い合わせで判明し、関係者に謝罪した。

 府によると、誤送付したのは、府民から寄せられた診療報酬の疑義情報をまとめたA4判の紙1枚。情報公開請求に対応した開示で、適切な文書とは別に、女性が請求していない個人1人と医療機関の名前が見える状態の原本を誤って同封し、22日に送付した。府医療保険政策課は「再発防止を徹底したい」としている。