国民民主党と自由党が24日、衆参両院での統一会派結成で合意したことを受け、京都の国民所属衆院議員からは「共闘の第一歩だ」と評価する声が上がった。立憲民主党と社民党も同日、参院会派の合流を決め、通常国会開会を間近に控えて野党の動きが活発化している。

 国民と自由は党首会談で、連携強化に向けた政策協議を行うことで合意した。前原誠司氏(京都2区)は「仲間が増えることは大変いい」と前向きに受け止める。泉健太政調会長(京都3区)は「これで終わりではなく、引き続き与党に対抗できる受け皿づくりを進める」と、さらに野党連携を強めていく考えを示した。

 自由の小沢一郎共同代表は「壊し屋」の異名を取り、国民の前身の旧民主党分裂にも関わったが、前原氏は「親小沢、反小沢で闘争してしまった民主党時代の反省を踏まえ、小沢さんの力を借りて政権交代につなげたい」と意気込む。

 一方、立民も同日、参院で社民議員2人と会派を組むことを決めた。与党との交渉役となる参院野党第1会派を維持する狙いがあるとみられ、福山哲郎幹事長(参院京都選挙区)は「国民と対立しているつもりはない」としつつ、「野党第1党の立憲として衆参ともに第1会派で国会運営に当たることが責務だ」と述べた。